Substance Designer 5 / Substance Painter 1.3

sd5

今やCG業界だけではなくインディーにもすっかり浸透して、無くてはならない存在となったAllegorithmic社のマテリアル/テクスチャ編集ツールのSubstanceシリーズ。
Unity 5もリリースされ益々その存在価値が高まっています。

ノード形式で高度な演算が可能なSubstance DesignerがアップグレードされSubstance Designer 5となりました。
新機能の詳細は公式のYouTubeチャンネルで確認することができます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLB0wXHrWAmCzbCKvvspIjGN9V0nulo8Hb

Substance Designer 5は現在、Allegorithmic社の公式サイトのみで販売されているようで、予約済みであればダウンロード可能です。
もちろんSteam版Substance Designer 4からもアップグレード可能です。
(2015/3/12追記:Steamでも配信が始まったようです)

そしてもう一つ、3Dパーティクルブラシが特徴の3DペイントツールであるSubstance PainterもGDCのイベントに合わせて1.3アップデートがリリースされました。
こちらはSteam版1.2を所有していれば自動アップデートで1.3となります。
公式サイトでアカウントリンクしていればそちらからでもダウンロード可能です。
同じく、新機能の詳細は公式のYouTubeチャンネルで確認することができます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLB0wXHrWAmCyOxi2BbfTf4ySMJ2iR4Xqy

また、かねてより予告されていた新しい購入プランであるSubstance Liveも正式公開されました。
これは日本ではCLIPシリーズでお馴染みのセルシス社が行っているバリュー版と同等のものと思われます。
サブスクリプションのように使いたい月だけ支払いを行い、その支払額が一定額に達すると永続ライセンスのキーが貰えるというものです。

Steamでは度々Substance Indieのセールが行われていましたが、そのタイミングを逃すとちょっと買いにくい金額だな…と思っていた方には試しやすくなったのではないでしょうか。