[Windows 10] 「Xbox Liveにサインインできませんでした / お使いのアカウントが開発環境と一致しません」

これまで使用してきたメインの開発環境がWindows Update直後に起動不能になり、修復すらできない状況になってしまったため、思い切ってWindows10に移行しました。


しかし、ストアアプリでゲームやアプリのリストが表示されなかったり、初期インストールされているゲームのソリティアでサインインできずゲスト扱いになるという謎の挙動に悩まされました。

Xboxアプリもプロフィールは見れるものの内容は一切更新されないという現象があり、一度サインアウトしてサインインし直そうとすると、ソリティアと同じく「Xbox Liveにサインインできませんでした / お使いのアカウントが開発環境と一致しません」というエラーでサインインできなくなってしまいました。

xboxlive_error_3

ストア関連の問題かと思って“Windows10でWindowsストアが正しく動作していない”を一通り試しても改善しなかったのですが、それもそのはず、原因はストアではなく「サンドボックス」でした。


実は今まで知らなかったのですが、Windows 10にもXbox Oneのようなサンドボックスモードが存在するんですね。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/uwp/xbox-live/xbox-live-sandboxes#switch-your-pcs-development-sandbox

メインPCに使用しているLiveアカウントは以前の記事にあるようにXbox Oneの開発環境にも使用したものです。

そのアカウントを使ってWindows 10のクリーンインストールを行うと、自動的というか勝手にWindows 10をサンドボックスモードに設定してしまうようです。

ただ、サンドボックスモードになるのは開発用のアカウントのみで、追加ユーザーでサインインすると通常モード(リテールモード)になります。


サンドボックスモードを解除するには「PC の開発サンドボックスを切り替える」の「コマンド プロンプト スクリプト」の手順を行います。

  1. まず https://aka.ms/xboxliveuwptools をダウンロードして、解凍します。
  2. 解凍した中に SwitchSandbox.cmd というファイルがあるフォルダをSHIFTキーを押しながら右クリックして”パスのコピー”を選択します。
    xboxlive_error_4
  3. スタートメニューの”Windows PowerShell”を右クリックして”管理者として実行する”を選択します。
    xboxlive_error_5
  4. PowerShellで”cd “(最後は半角スペース1つ)まで入力したらCTRL+Vを押すと、3でコピーしたフォルダのパスが貼り付けられるので、Enterを押します。
    xboxlive_error_6
  5. ここで”S”と入力してからTabキーを押すと、”.\SwitchSandbox.cmd”と自動的に補完入力してくれます。
    xboxlive_error_7xboxlive_error_8
  6. 最後に、”.\SwitchSandbox.cmd”の後に半角スペースを1つ入れてから”RETAIL”と入力してEnterを押します。
    xboxlive_error_9
  7. このような表示が出てサンドボックスモードは解除されます。ここでPowerShellは閉じてOKです。
    バックグラウンドで動作しているアプリやサービスによってはサインイン状態の不整合が起きているかもしれないので、念のためにPCを再起動しておくと確実です。
    xboxlive_error_10

これでXboxアプリでサインインできるようになりました。
ソリティアでもサインインでき、ストアアプリの挙動も正常です。

Windows 10ではXbox Oneと異なり、サンドボックスモードで動作しているという表示も通知もありません。

そのため何が原因なのかわかりにくいのですが、Xboxアプリでサインインできず、エラー表示に「サンドボックス」というワードがあったら、この方法を試してみてください。